現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

太田修介「チームとしてやりたいことと、自分のストロングポイントがマッチしている」+ランコ・ポポヴィッチ監督【TM・徳島ヴォルティス戦/VOICE】

宮崎キャンプ期間中の町田は2月7日、J1クラブ・徳島ヴォルティスとのトレーニングマッチを45分×3本で実施した。今季初となるJクラブとの対戦はどんな手ごたえをつかんだのか。太田修介、ランコ・ポポヴィッチ監督に話を聞いた。

◾️トレーニングマッチ(45分×3本)
2月7日(日)11:00キックオフ
徳島ヴォルティス 1−5 FC町田ゼルビア(0−1、1−3、0−1)
【得点者】徳島/2本目39分 鈴木大誠 町田/1本目10分 太田修介 2本目20分 平戸太貴、28分 晴山岬、42分 岡田優希 3本目/18分 吉尾海夏

○太田修介
ーー一次キャンプ、二次キャンプを通じて、チームの雰囲気はいかがですか。
「良い雰囲気でやれていると思います。ピッチ内でもピッチ外でもみんなでコミュニケーションを取っています。ピッチ内では求め合う声も多いですし、すごく良い雰囲気でできています」

(残り 2347文字/全文: 2731文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ