【サッカー人気2位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「ゼルビアTimes」郡司聡

相馬体制3戦目で訪れた試練。不得手な展開を打破した“処方箋”とは【編集長の取材ノートから/コラム】

■明治安田生命J1リーグ第11節
4月24日(土)17:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム/10,223人
鹿島アントラーズ 1−1 ヴィッセル神戸
【得点者】鹿島/64分 上田綺世 神戸/28分 古橋亨梧

→両監督、上田綺世、荒木遼太郎、古橋亨梧、リンコン各選手参加の会見コメントは3ページ目へ

▼三浦采配に屈した1失点目

今季初となるリーグ戦連勝を目指したホームでのヴィッセル神戸戦。“相馬エッセンス”の象徴である“縦横圧縮のコンパクトフィールド”感は、徳島ヴォルティス戦とコンサドーレ札幌戦の“中間地点”といった趣だった。

(残り 6960文字/全文: 7217文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ