【サッカー人気4位】戸苅本部長「しっかりと課題解決をして、…

「ゼルビアTimes」郡司聡

旧来のライバルに止められた進撃。守備リーダーの一言に凝縮された敗因【レノファ山口FC戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第11節
5月2日(日)15:00キックオフ
町田GIONスタジアム/0人
FC町田ゼルビア 0−2 レノファ山口FC
【得点者】山口/47分 高井和馬、63分 小松蓮

▼研究にされていたハイプレス

“J3卒業生同期”の奇縁なのだろうか。ここまでドローゲームが一つもないまま、必ず決着がついてきたレノファ山口FC戦は、その因縁が今回の対戦でも継続される結果となった。しかし、リモートマッチで勝利の凱歌を挙げたのは、アウェイの山口のほうだった。

(残り 4897文字/全文: 5120文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ