【サッカー人気3位】遠慮しない、躊躇しない、次に備える、分…

「ゼルビアTimes」郡司聡

森下怜哉/「シンプルに楽しみな」古巣戦。ボランチ挑戦中の男が描く現状の理想像【天皇杯全日本選手権2回戦・栃木SC戦/プレーヤーズ・ショート・コラム】

■天皇杯全日本選手権2回戦
6月9日(水)19:00キックオフ
栃木県グリーンスタジアム
栃木SC vs FC町田ゼルビア

町田では現在ボランチに挑戦中だ

▼「僕の性格上…」

相手の厳しいアプローチに対しても、まったく動じず、飄々と進撃する。そうしたプレースタイルを踏まえれば、聞くだけ野暮だったのかもしれない。2019年に在籍した古巣、栃木SC戦との対戦を控え、余計に気持ちが高ぶるものなのか。森下怜哉の回答は、至極冷静だった。

(残り 1095文字/全文: 1302文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ