【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「ゼルビアTimes」郡司聡

イニエスタにフェルマーレン。世界的名手との日常で安井拓也は「かけがえのないもの」を手にした【コラム】

夏の移籍市場でJ1・ヴィッセル神戸から完全移籍で加入した安井拓也のゼルビア・デビューは、中断期間突入前、最後の試合となった第23節・SC相模原戦。わずか20分あまりのプレーで残した爪痕とは、何だったのか。また、神戸での日々で得たこととは。

ゼルビア・デビューは途中出場。ポジションは右SHだった

▼デビュー戦での“鬼プレス”

「ボールを持った時のアイディアと縦パス」がストロングポイントである男にとっては、なんとも地味なデビューだったかもしれない。

(残り 1428文字/全文: 1649文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ