【サッカー人気1位】今季ラスト10試合が始まる 勝利の流れ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

「ほぼノーミス」と敵将も驚愕。“マンツーマンチーム”との難解戦で勝ち得た自信と確信【ツエーゲン金沢戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第28節
9月4日(土)19:00キックオフ
石川県西部緑地公園陸上競技場/2,390人
ツエーゲン金沢 0−4 FC町田ゼルビア
【得点者】町田/11分 佐野海舟、13分 中島裕希、29分 太田修介、89分 鄭大世(PK)

▼「ちょっとのズレもない」

ひょっとしたら、敵将は試合開始直後からこんな結末が待っていることを覚悟していたのかもしれない。それほど、序盤における町田の選手たちのパフォーマンスは図抜けていた。

(残り 4423文字/全文: 4631文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ