【サッカー人気2位】どうする集客!?WEリーグに解消してほ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

平河悠「2年先のことを決めることで自らにプレッシャーを掛けている」【JFA・Jリーグ特別指定選手・認定会見/VOICE】

2023シーズンからの加入内定が発表されていた山梨学院大FW平河悠が24日、「JFA・Jリーグ特別指定選手」として認定されたことを受けて、オンラインでの会見が実施された。ここでは会見の内容を抜粋する。

 

○三島俊幸強化部長
「まずは私のほうから今日に至った経緯をお話します。当クラブの丸山竜平スカウト部長がリストアップし、試合を見てきた中で、ぜひとも練習参加させたい選手がいるという話がありまして、現場と強化で話をする中で練習参加をさせる運びとなりました。9月の総理大臣杯の前になんとか呼べないかと調整をした中で、3、4日の練習参加でしたが、コーチングスタッフからも面白い素材とすこぶる評価が高かったです。

ただ練習と試合では実際に違うこともあるので、試合をチェックしようという中で確認したところ、面白い素材であることが確認できたため、獲得しよういう話となり、オファーを出し、学校サイドからも了承をいただき、先週に内定を発表しました。そして今回特別指定選手としての認定を受けることになりました。本人はプロ志向も強く、これから伸びる可能性を秘めている選手と思っているので、学校とも調整をしながら、今後の活動をすることになりますが、ぜひ注目してください」

 

○平河悠
「特別指定選手としてFC町田ゼルビアの選手として試合に出られることになりました。自分の特徴であるオフ・ザ・ボールの動き出しや前線での攻撃力とか、そういった部分で力を発揮し、チームのために頑張っていきたいと思っています」

(残り 1727文字/全文: 2373文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ