【サッカー人気2位】岩尾憲が影響を受けた選手は遠藤保仁 読…

「ゼルビアTimes」郡司聡

蹂躙の60分と暗雲の30分。敵将・名波浩監督の目に映っていた戦況とゲームの機微【松本山雅FC戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第37節
11月3日(水・祝)14:00キックオフ
町田GIONスタジアム/3,278人
FC町田ゼルビア 3−2 松本山雅FC
【得点者】町田/10分 吉尾海夏、54分 吉尾海夏、74分 佐野海舟 松本/65分 榎本樹、78分 榎本樹

▼会見はまさに“名波劇場”

3−2での勝利をもぎ取った後、試合後インタビューのために場内から姿を消す際、ランコ・ポポヴィッチ監督はメインスタンドに向かって高々と右拳を突き上げていた。一方の敵将・名波浩監督は、ゴール裏の松本山雅FCサポーターの下へ向かう選手たちへ、「下を向くな」と強調したという。

明暗がくっきりと分かれたJリーグ参入同期対決。ロッカールームに戻った名波監督は、選手たちに向かって「(会見では話せない)キャッチーなフレーズ」を話すとともに、こう伝えたという。

(残り 4600文字/全文: 4953文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ