「ゼルビアTimes」郡司聡

山口一真/「攻撃の優位性を僕のサイドで」。フル出場も射程内のアタッカーが、5枚の人垣をぶっ壊す【ヴァンフォーレ甲府戦/今節のトピック】

■明治安田生命J2リーグ第11節
4月23日(土)14:00キックオフ
JIT リサイクルインク スタジアム
ヴァンフォーレ甲府 vs FC町田ゼルビア

練習中には時折笑顔も

▼「あれぐらいの相手ならば…」

前節モンテディオ山形戦におけるプレータイムは87分。左膝の大けがから復帰し、「長いブランクを経て」最長のプレー時間となった。町田では実に7試合ぶりの先発出場。いつもと変わらず「普段通りの気持ち」で臨み、試合後に指揮官からは「良かった」と言われたが、どこかピンと来なかった。それは結果が結果だからだ。

(残り 951文字/全文: 1194文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ