【サッカー人気4位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

「ゼルビアTimes」郡司聡

オプション布陣で披露した「完璧に近い形のゲーム」。それでも、勝ち点1にとどまった是非【水戸ホーリーホック戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第15節
5月8日(日)14:00キックオフ
ケーズデンキスタジアム水戸/3,327人
水戸ホーリーホック 0−0 FC町田ゼルビア

▼[3−4−2−1]採用の思惑

90+4分、バイタルエリアで髙江麗央が右足を強振すると、最後の望みを託したシュートは、ゴールの枠を外れた。

その直後、試合終了の笛がスタジアムに鳴り響く。結果はゴールレスドロー。試合後、太田修介はピッチに座り込み、しばらく動けなかった。8試合勝利なし。町田は未勝利街道に迷い込んだまま、大型連休による5連戦を終えた。

(残り 3744文字/全文: 3989文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ