「ゼルビアTimes」郡司聡

J1スタンダードとの対峙を終えて。大分戦が残した教訓【コラム】

■明治安田生命J2リーグ第20節
6月5日(日)14:00キックオフ
昭和電工ドーム大分/5,281人
大分トリニータ 3-1 FC町田ゼルビア
【得点者】大分/11分 サムエル、24分 渡邉新太、45分 サムエル 町田/68分 奥山政幸

「大分はシンプルに技術が高かった」と翁長聖

▼「後出しジャンケンのようだけど…」

昨季までJ1を戦っていた大分トリニータの実力は、やはり伊達ではなかった。

町田の裏をかく形であえて“ミラーゲーム”に挑み、「こちらがやられたくないことを突かれた」(翁長聖)中で前半に3失点。「0−3となったことが全て」(翁長)の試合は後半にシステムを変えて怒涛の反撃を見せたものの、1点を奪うことが精一杯だった。

大分戦で体感したJ1スタンダード。反撃の1点を奪った奥山政幸が、その実感をこう語る。

(残り 1363文字/全文: 1707文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ