「ゼルビアTimes」郡司聡

「取りこぼした勝ち点3を取り返す」。第2クール初陣を戦うチームのテンションは?【ツエーゲン金沢戦/マッチプレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第22節
6月19日(日)18:00キックオフ
町田GIONスタジアム
FC町田ゼルビア vs ツエーゲン金沢

深津康太が語る前半戦とは

▼「スタートダッシュはできたが…」

8勝6分7敗勝ち点30。順位は7位。これが第1クールを終えての戦績だ。「スタートダッシュはできたが、歯がゆい試合が続いた」と深津康太が話したように、前半戦は起伏に富んでいた。8戦未勝利という停滞期に、チームは[3−4−2−1]のオプション布陣を導入。長らくの未勝利街道を脱出できたものの、その後はアルビレックス新潟、ベガルタ仙台、横浜FCで形成する第一集団を追走できず、チームの成績はなかなか安定しない。

今節のツエーゲン金沢戦から始まる第2クール。深津は言った。

(残り 1763文字/全文: 2085文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ