「ゼルビアTimes」郡司聡

しぶとく、無骨に、時には賢くーー。消耗戦を勝利に導いた解決策と処方箋【FC琉球戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第23節
6月26日(日)18:30キックオフ
タピック県総ひやごんスタジアム/1,907人
FC琉球 0-1 FC町田ゼルビア
【得点者】町田/28分 高橋祥平

▼伝家の宝刀・セットプレーで

「ハッピーバースデー!」

アウェイでのFC琉球戦を1−0で終えると、ベンチ前には歓喜の輪が出来上がっていた。その中心には指揮官のランコ・ポポヴィッチ監督。試合当日はポポヴィッチ監督にとって55歳の誕生日。記念日を祝う“バースデー勝利”に選手たちも興奮を隠し切れず、ドゥドゥは冒頭のフレーズで指揮官を祝福していた。

試合後、土足厳禁の会見場に現れたポポヴィッチ監督は、報道陣から誕生日のお祝いコメントを伝えられると、こう言って感謝の気持ちを伝えた。

(残り 3975文字/全文: 4296文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ