「ゼルビアTimes」郡司聡

怒涛の猛反撃は1点及ばず。“町田キラー”の独壇場に沈んだ上位対決の論点は?【ベガルタ仙台戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第24節
7月2日(土)18:00キックオフ
町田GIONスタジアム/3,281人
FC町田ゼルビア 2-3 ベガルタ仙台
【得点者】町田/85分 太田修介、90+6分 奥山政幸 仙台/52分 キム・テヒョン、78分 皆川佑介、82分 中島元彦

▼「ボールは持てたけど…」

90+7分、左サイドで平河悠がクリアボールを蹴り込むと、試合終了の笛が鳴った。0−3から見せた怒涛の反撃。しかし、あと1点が及ばなかった。2−3。3連勝を懸けたベガルタ仙台との上位対決は敗戦となった。

「3失点をした後から2点を決めて、同点あるいは逆転できるチャンスを作れた」

試合後のランコ・ポポヴィッチ監督はそう言って選手たちを労ったが、3点差をひっくり返す状況を作れなかったことが、この試合の論点なのだろうか。

(残り 4822文字/全文: 5163文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ