松本雷鳥通信

【試合前コメント】反町康治監督「高さで勝負するのも難しいし、難しい試合になる」、岩沼選手、村山選手のコメントも。(2330文字)

●反町康治監督:
Q:清水の印象は?
「右サイドで攻め上がる村田がチームの中心という印象だ。あと長沢(駿)もチームの中で果たしている役割は大きく、ノヴァコビッチの仕事を同じようにこなしている。ウタカやデュークも途中投入されると違うチームになる。4センターバックの形で高さで勝負するのも難しいし、難しい試合になるだろう」

Q:犬飼智也選手と長沢駿選手については?
「我々のチームから移って活躍している選手も増えてきたけど、ワンちゃん(犬飼)と(長沢)駿、この2人は良くやっていると思うよ。松本サポーターも2人を見たいんじゃないかな?(苦笑)」

●岩沼俊介選手:
Q:広島戦で足を打撲したということですが、現在のコンディションは?
「右膝のちょっと上ですね。PKの時に……。だいぶ良くはなってきています。もちろん常に試合に出られるように準備しているので、清水戦にも(照準を合わせて)やってきました」

Q:清水と言えば、仲の良かった犬飼智也選手がいるが?
「1年半一緒に左サイドを組んでいて、私生活でも一緒にいた彼なので(苦笑)。今は左SBで出ているのでマッチアップはしないと思いますけど、相手にしてみて自分が嫌な存在になれればいいと思うし、あいつもあいつで成長している。ヘディングも強いし、特にセットプレーでは注意したいですね」

Q:右サイドの村田和哉選手が好調ですが?
「マッチアップする相手の特徴によって、ポジションや対応を変えないといけないと考えています。村田選手だったら、ミキッチ選手もそうですけどスピードがある。一発で裏を取られたり、簡単にスピードに乗らせないことが重要になると思います」

Q:対応を変える、というのは?
「相手がボールを持っている状況にもよると思いますけど、(相手選手が)フリーで裏に蹴れる状態であれば近すぎても裏を取られると思うし、前にディフェンスが立っていて裏を取られない状況であれば一気に詰めていけばいい。そういう駆け引きが重要になると思っています」

Q:今季は攻撃的な姿勢も目立ちますが?
「ウイングバックなので攻守両方に絡まないといけない。攻撃面ではクロスを上げることが多いと思いますけど、チームの勝利に貢献するためには得点に絡むことが重要になります」

Q:現在のチームの課題は?
「名古屋戦は得点後にすぐ取り返され、J2ではないようなプレーで追いつかれてしまい、守りきれなかった部分はあった。広島戦も「立ち上がり10分は割り切ってサッカーをしよう」と話をしていた中で、10分以内に点を取られてしまった。リーグ戦で2試合5失点というのは昨季に比べたら多い。J1は質も高く、一発で決める選手が多い中で組織でもっと守らないといけない」

Q:自分の役割についての自己評価は?
「名古屋と広島は全然違うようなサッカーをしていて、個の能力も高い選手が多い。ミキッチ選手にはクロスを上げられる場面もあったし、もっと上手く守らないといけないと自分では感じました。ただ、ボールを持たれているなかで、ずっと引いていてもダメ。前に行くタイミングと行かないタイミングをもっとはっきり出来れば」

Q:ミキッチ選手をよく抑えていたように思いますが?
「スピードに乗らせないようにもっと前で取れたらいいと思うし、どこのポジションでもマッチアップする相手には負けたくないというのはあります」

Q:J1に昇格して、どう変わった?
「相手の質は高いと思いますけど、連携面での失点もあります。防げる失点もあったと思うし、それはJ1に上がったからだけではない。守れるか守れないかで勝点が変わってくる。名古屋戦は2点リードしていて、パワープレーに強いとはいえ、もうちょっとそこで防げる方法もあったと思います。サイドに大きく蹴って一度切るとか、もうちょっと割り切ってうまく時間を使うことも重要かなと思います」

Q:清水戦に出場機会があれば?
「清水も開幕前は調子がよくないと言われていましたけど、開幕したら1勝1引き分けで負けなし。鹿島にも勝っている。広島とは違うサッカーだと思うし、自分たちのやることをしっかりやれれば。まだ山雅も勝っていないと言われていますけど、まだ全部で3試合しかやっていない。ある意味昨季が勝て過ぎというか、ネガティブになることはない。次に勝てば1勝1敗1引き分けになるので」

Q:チームの雰囲気はどうですか?
「あまりチーム練習に参加していないので(苦笑)。でも、ネガティブになっている感じはないですね。鹿島だってあれだけ強いのに公式戦で5連敗くらいしているし、山雅も簡単に勝てるわけないですよ。連勝していたら逆に恐いです(苦笑)。J1の雰囲気に慣れてきて、自分も久しぶりにJ1でいい経験をさせてもらっているし、これからドンドン勝ちを増やしていきたいですね。

Q:清水には長沢駿選手もいますが?
「年齢も一緒で、山雅で一年間一緒にやってきた選手。彼はFWなので得点させないようにしたい。あそこのポジションでタメをつくって、大前選手や村田選手が前に飛び出してくる。清水は中盤にボールを持てる似た様なタイプの選手が多くて、そこに入ってから落として攻撃のリズムを作ってくる。なのでまずは起点にさせないようにすれば、こっちのペースになってくると思います」

●村山智彦選手:
Q:清水戦への意気込みは?
「ワンも駿も一緒にやってきた元仲間ですし、そういう選手と対戦できることは非常に光栄なこと。お互い同じ舞台のピッチで戦える可能性があることは感謝しないといけないですね。
自分たちの立場とすれば、まだ公式戦で勝てていない。だからこそ勝利にこだわってやりたいし、多くのファン・サポーターが清水に来てくれると聞いているので、その期待に応えないといけない。まず失点せず、細かい部分からやっていきたいです」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ