『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

松本雷鳥通信

【一問一答】松本山雅でプレーできてよかった!楠瀬章仁さん(前編)-1778文字-


その切れのあるドリブルは、幾度松本サポーターを酔わせたことだろう。ヴィッセル神戸から、J2昇格初年度の松本山雅FCへ移籍。シャドーあるいは左サイドのアタッカーとして2シーズンに渡り、活躍を見せてきた。しかし、松本加入以前から悩まされ続けてきた膝が悲鳴を挙げる。13年10月に右変形膝関節症という大怪我を負い、そのまま契約満了。チームを離れることとなった。
あれから1年半――。指導者としての道を歩み始めた“背番号18”の一問一答を松本サポーターの皆様にお届けする。前編は松本山雅所属時代の日々について語っていただく。
——-

Q:大学卒業後、ヴィッセル神戸に加入。プロ4年目に松本山雅FCに移籍し、2年間プレーしましたが、松本での選手生活はどのようなものでしたか?

「松本のすごさは経験した人にしか分からないでしょうね。異常なぐらいサポーターが熱くて、あの中でサッカーをできたことは本当に幸せでした。2年間ですが、あのチームでプレーできてよかったと思っています。すごく楽しかったですね。けがも少なく、試合にも結構出られたので、神戸時代より充実感がありました」

(残り 1301文字/全文: 1780文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック