松本雷鳥通信

【松本vs川崎F】プレビュー:中3日で迎える今節。それでも走力とハードワークでは負けられない。(1174文字)

■2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節
7月29日(水)松本vs川崎F(19:00KICK OFF/松本)
ホームゲーム情報(松本公式)
————-
○概要
25日の前節から中3日で迎える今節、前回対戦では0-2で敗れた川崎をアルウィンで迎え撃つ。
その川崎、前節・清水戦は簡単な試合ではなかった。前半にピーター・ウタカに2発を喰らい、1点ビハインドで折り返し。ここから逆転するあたりは川崎らしいが、試合後には風間八宏監督の口から厳しい言葉が飛び出しており、本領発揮とはいっていない様子だ。
ファーストステージを5位で終え、さらなる浮上のためにVfLボーフム(ドイツ)から田坂祐介を獲得。本職はサイドアタッカーだがトップ下やボランチなど中盤ならどこでもこなせる実力は本物。元所属だけあって雰囲気を知っており、戸惑いもなくチームにも問題なく溶け込めている。一方で間違いなく痛手なのはレナトの突然の移籍。移籍先の広州富力(中国)からは多額の違約金が得られるというが、わずか数日で決まった話とのこと。その使い道はまだ決まっていないはず。結果的に“田坂in レナトout”という収支決算となったが、これが今節にどう作用するか。

(残り 744文字/全文: 1260文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ