今だから明かせるJ2のキーマン対策法。戦術家・北野誠のスカウティングレポート(J論)

松本雷鳥通信

【湘南vs松本】反町康治監督(松本)記者会見コメント「層が厚くなっているので、チーム力が落ちずに戦うことができる。それは今日証明された」(2035文字)

■第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
10月10日(土)湘南 2-3 松本(14:04KICK OFF/BMWス/3,646人)
得点者:14’菊地俊介(湘南)18’前田直輝(松本)52’オビナ(松本)57’安藤淳(松本)83′ 高山薫(湘南)
公式記録(松本公式)
————-
●反町康治監督(松本)
「J2参入以降初めて湘南に勝つことができて、しかも90分で勝利を決めることができて非常に嬉しく思っています。しかも逆転勝利ということで、最初はディフェンスのリズムが作れずに苦労しましたが、そのハンデもすぐに返すことができました。安定したゲームができたと思います。
全体的には中盤の構成力とかサイドのインアウトとか、後手を踏むのはある程度理解していましたが、最後の一つ手前当たりのところでしっかり抑えることができたのが勝因だったかなと思います。最後の失点さえなければここでもっと笑って話せたんですが、リーグ戦への良い薬としてやっていきたいと思います」

(残り 1683文字/全文: 2112文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック