今だから明かせるJ2のキーマン対策法。戦術家・北野誠のスカウティングレポート(J論)

松本雷鳥通信

【松本vs長崎】山本大貴選手「シュートの瞬間は、何も考えなかったというか無心で打ちました」岩間雄大選手「反省点は多いが、チームが勝つことが大切」田中裕人選手(長崎)のコメントも。

■2016明治安田生命J2リーグ 第25節
7月24日(日)松本 1-0 長崎(18:04KICK OFF/松本/12,547人)
得点者:86’山本大貴(松本)
————–
●山本大貴選手(松本):
Q:得点場面を振り返って?
「試合に入ってからはラインの裏を意識しながらプレーしていました。(工藤)浩平さんがニアに走っていたので、自分はファーへ行こうと。トラップはミスしたんですけど、結果的に前に転がってくれたので良い感じになりました(笑)。シュートの瞬間は、何も考えなかったというか無心で打ちました。

(残り 763文字/全文: 1015文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック