Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・トップ】松田直樹さん、5回目の命日。練習開始前に黙祷

練習開始前に黙祷をする、松本山雅FCの選手、スタッフ

2011年8月4日に急性心筋梗塞のために亡くなった松田直樹さん(享年34歳)の5回目の命日となった今日、練習開始前に選手、スタッフが黙祷を捧げた。
松田さんは、松本山雅FCがJFL所属時の11年に横浜F・マリノスより加入。主軸選手としてJリーグ参入に向けて奮闘中だった同年8月2日の練習中に倒れ、2日後に亡くなった。
5回目の命日となった今日、練習開始前の松本市かりがねサッカー場天然芝グラウンドの中央に、生前のスナップなどのパネル4枚を設置。選手、スタッフがパネルを取り囲みながら約1分間の黙祷。網膜剥離で療養中の田中隼磨選手も黙祷に参加し、故人を偲んでいた。

練習グラウンド脇には、生前のスナップなどのパネルが設置

・反町康治監督コメント
「松田さんはクラブに多大な貢献をした選手であり、私自身も接点はあるだけに早逝されたことは個人としても本当に残念に思っています。同じ悲劇を繰り返してはいけないし、彼のためにも“サッカーが出来る喜び”を感じてもらいたいと考えている。この先も彼の意志は引き継いでいなければならないし、彼のことを思い返す機会になる」

・田中隼磨選手コメント
「このような悲しいことは受け入れられないし、監督の言うように同じことが起こってはいけない。“サッカーの出来る幸せ”を感じなければいけないし、彼の意思を伝えていくのが自分の使命だと思っている。自分自身まだピッチに復帰できていないが、必ず戻るということを約束した。まだ無理は出来ない状況だが、一日でも早く帰ってこられるように最大限の努力をしたい」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック