松本雷鳥通信

【2017キャンプレポート】今季初のトレーニングマッチでは、幾つかの発見アリ!(vs浜松開誠館高校)

浜松開誠館高校と、今季初のトレーニングマッチが行われた

浜松開誠館高校と、今季初のトレーニングマッチが行われた

26日、松本山雅FCは浜松開誠館高校サッカー部とのトレーニングマッチ(45分×2本)を行った。2017シーズンの開幕前キャンプで追い込んでいる選手たちにとって疲労も溜まってくる時期での実戦経験となったが、「キャンプなんだから疲労困憊なのは当たり前」とは反町康治監督の言葉。そのなかで、各選手がどれだけチームの約束事を徹底しつつも自身の持ち味を出すことが出来るかに注目が集まった。

(残り 1991文字/全文: 2274文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ