都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

松本雷鳥通信

【松本vs千葉】フアンエスナイデル監督(千葉)「特に後半が始まってすぐの2失点目が、自分たちにダメージを与えてしまいました」+清武功暉選手のコメントも。

■2017明治安田生命J2リーグ 第4節
3月19日(日)松本 3-1 千葉(14:04KICK OFF/松本/15,688人)
得点者:24’田中隼磨(松本)46’高崎寛之(松本)55′ 松本 9 高崎寛之(松本)72’清武功暉(千葉)
————–
●フアンエスナイデル監督(千葉):
「もちろん、この敗戦は痛いです。特に後半が始まってすぐの2失点目が、自分たちにダメージを与えてしまいました。本来であれば自分たちが流れを変えたい状況でしたが、その意味で逆に流れを渡してしまいました。あとは、いつものプレスも出来ていなかったです。自分たちが改善できる点、ミスを犯した点を、もう一度整理して考え直す作業をしていきたいと思います」

Q:気をつけていたセットプレーで2失点したが?
「良くなかったということです(苦笑)」

●清武功暉選手(千葉):
「今日、良かったのは2試合連続で得点したことだけ。

(残り 260文字/全文: 650文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック