松本雷鳥通信

【松本vs讃岐】レビュー:カウンター合戦から、想定外の展開へ――。過密日程の初戦を、複数得点&無失点勝利!

■2017明治安田生命J2リーグ第10節
4月29日(土)松本 4-0 讃岐(18:03KICK OFF/松本/12,696人)
得点者:13’高崎寛之(松本)63’高崎寛之(松本)69’後藤圭太(松本)90+5’岩間雄大(松本)
———–
マッチレポート(Jリーグ.jpより)
今節のデータ(Jリーグ.jpより)

youtubeハイライト(Jリーグチャンネル)

○雑感
今節のMOM=高崎寛之

終わってみれば複数得点を挙げ、無失点。3試合ぶりの勝ち点3を得ることが出来たが、前半の展開を見る限りでは、こういう結果になることは予想しにくかった。反町康治監督も「11人対11人で終わっていれば、どう転んだか分からない試合」と総括したが、それは本心だろう。その意味で、この試合のMOMは讃岐のリ ヨンジとエブソンと言えるかも知れない。

(残り 795文字/全文: 1157文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ