Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

松本雷鳥通信

【名古屋vs松本】プレビュー:連敗を阻止するため、同じ土俵に立つことなく『締めた守備』で対抗したい

■2017明治安田生命J2リーグ第27節
8月12日(土)名古屋vs松本(18:00KICK OFF/豊田ス)
———–
名古屋前節ハイライト(名古屋公式)

今節の概要(Jリーグ.jpより)
名古屋グランパス 選手一覧(クラブ公式サイトより)

○概要
敵地での一戦となった前節・湘南戦は、先制に成功したものの1-2の逆転負け。首位チームとの試合で厳しい結果に直面したが、今は気持ちを切り替えて臨む他ない。9日間で3試合の過密日程の初戦は、ここまで13勝9敗4引き分けでリーグ5位の名古屋と豊田スタジアムで激突する。
攻撃力はやはりリーグ屈指で、前節・愛媛戦は7-4というスコアで勝利。まさしく壮絶という言葉が相応しい乱打戦となったが、ゴールを量産した点に注目すべきか、わずか14分で4点差を追いつかれた点に注目すべきか。
前回対戦時(第5節)は一瞬の隙を突かれて苦杯を嘗めたが、あれから時も経ちチーム状況は互いに変化を見せている。特に名古屋はブラジル人アタッカーのガブリエル・シャビエルを獲得するなど戦力整備に努めており、どのような試合展開になるかは想像がつかない。いずれにしても同じ土俵に立つことなく、自分たちの良さを出せるかが勝敗を分けるポイントになりそうだ。

(残り 828文字/全文: 1359文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック