本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

松本雷鳥通信

【松本vs水戸】試合後の選手コメント:前田大然「ずっと取れていなかったので、取れてよかった」田中隼磨「悔しさと喜びの混じった複雑な気持ち、それが500試合までやってこれた理由だと思っている」+中美慶哉

■2018明治安田生命J2リーグ 第12節
5月3日(木)松本 2-0 水戸(14:03KICK OFF/松本/15,110人)
得点者:54′ 高崎寛之(松本)83’前田大然(松本)
————–
●前田大然選手
Q:今季初得点が貴重な追加点となったが、あのゴールを振り返って。
「ずっと取れていなかったので、とりあえず取れてよかったです。相手が勢いよく来ていたが、冷静に外すことが出来て、イメージどおりというわけではありませんが(苦笑)、シュートまで打てました。ずっとアルウィンでゴールを決めたいと思っていたので、それも含めてよかったです。周りの人からも『やっと入ったな』と言ってもらいましたし、これからも試合に出てゴールを取って勝利に貢献したいです」

(残り 1244文字/全文: 1569文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック