松本雷鳥通信

【松本vs金沢】反町康治監督記者会見コメント「この雰囲気に飲まれている金沢の選手が多かったという話を聞いて、あらためてサポーターの有難みを感じています」

■2018明治安田生命J2リーグ 第14節
5月12日(土)松本 3-0 金沢(14:03KICK OFF/松本/11,333人)
得点者:26′ 岩上祐三(松本)32′ セルジーニョ(松本)38′ 岡本知剛(松本)75′ セルジーニョ(松本)77′ 石原崇兆(松本)
————–
●反町康治監督(松本):
「今日も多くのサポーターの皆さまに我々を後押ししていただき感謝しております。この雰囲気に飲まれている金沢の選手が多かったという話を聞いて、あらためてサポーターの有難みを感じています。
この一週間、金沢さんの対策をしてきたことが奏功した部分は正直あったと思います。ただ今日は勝ちましたけど、金沢さんは昨季に比べれば大変強くなっています。この順位にいるのも当然だなと思いますし、試合を見てもチーム力の高さはあらためて感じました。前節、我々は恥ずかしいというか情けないゲームをしたのもあって、この1勝は本当に大きいかなと思います。ただ、これを次に続けていかないと上が見えてこない部分があります。リーグが団子状態になっていることは今日の結果からも鮮明になっているので、やはり上のチームと対峙して勝点3を取りたい気持ちが強いです。そのために頑張っていこうと思います」

(残り 2044文字/全文: 2570文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ