松本雷鳥通信

【浦和vs松本】試合後の選手コメント:永井龍「力の差を見せつけられた試合」下川陽太「この悔しさをリーグ戦にぶつけていきたい」守田達弥「キック一つからの差も痛感しました」

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月11日(水)浦和 2‐1 松本(19:04KICK OFF/松本/12,077人)
得点者:10′ 永井龍(松本)42′ マウリシオ(浦和)85′ マウリシオ(浦和)
———–
●永井龍選手(松本):
Q:上位カテゴリーの浦和を相手に、拮抗した試合だったと思うが振り返って?
「少しの差のように見えて、これがJ1とJ2の違いかなというか、力の差を見せつけられた試合だったと思います。2失点ともセットプレーからでしたが、そういう勝負強さはJ1チームの特長だと思うし、自分たちがJ1に昇格するためにも勝負強さを身につけないといけないのかなと感じました」

(残り 1105文字/全文: 1400文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ