【サッカーパック人気3位】 ファン感謝デー「LOVE GRAMPUS Festa 2019」開催!…

松本雷鳥通信

【松本vs横浜FC】試合後の選手コメント:飯田真輝「後半の入りが自分たちらしくなく、そこを突かれた結果」下川陽太「(後半)構えてしまった」守田達弥「自分たちは100%やることで、はじめて勝っていけるチーム」

■2018明治安田生命J2リーグ 第30節
8月25日(土)松本 1-3 横浜FC(18:03KICK OFF/松本/13,905人)
得点者:43′ セルジーニョ(松本)61′ イバ(横浜FC)68′ 田代真一(横浜FC)75′ 北爪健吾(横浜FC)
————–
●飯田真輝選手:
Q:横浜Cに1-3で敗れたが、試合を振り返って。
「前半は自分たちのプランどおりにゲームが進んだと思うし、そのまま同じように後半に入れたら良かった。しかし後半の入りが自分たちらしくなく、そこを突かれた結果だと思います。

(残り 1409文字/全文: 1655文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック