【サッカーパック人気2位】 残り10試合に向けて巻き返しを誓う大﨑淳矢「この状況は誰かが悪いのでは…

松本雷鳥通信

【水戸vs松本】試合後の選手コメント:田中隼磨「シュートは何も考えずに、気持ちで打ちました」高崎寛之「ここ最近ゴールが取れていないのは攻撃陣の責任だと真摯に受け止めて、やっていきたい」ジネイ「今日は短い時間でしたが嬉しくてモチベーションも高かったです」

■2018明治安田生命J2リーグ 第31節
9月1日(土)水戸 1-1 松本(18:03KICK OFF/Ksスタ/6,351人)
得点者:23’木村祐志(水戸)、59′ 田中隼磨(松本)
————–
●田中隼磨選手(松本):
Q:第13節・岐阜戦以来となる先発出場を果たしたが?
「俺自身、この数か月は色々な思いがありました。こうしてチャンスをもらって、その感情をピッチ上で表現しようと思いました。とにかく連敗しているチームの悪い流れを断ち切るためにピッチに立ったし、球際の強さやアップダウンなどを監督も期待して送り出してくれたが、その部分は表現できたと思う。ただチームが勝利に繋がらなかったのは残念です」

(残り 1108文字/全文: 1410文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック