【サッカー人気3位】【J1騒乱】川崎vs名古屋:勝負を決め…

松本雷鳥通信

【直前寸評】福岡戦に向けて、着々と準備を進めるチーム。反転攻勢なるか

前節・水戸戦で同点ゴールを決め、健在ぶりを示した田中隼磨

今週、近畿地方を中心に大きな被害を出した台風21号。松本市内も停電や一部損壊などの被害が生じ、松本市かりがねサッカー場にも飛ばされた木の葉や枝が散乱するなど強風の形跡が見られた。それでも松本山雅FCは、今週末に予定されているアウェイ福岡戦に向けて、着々と準備を進めている。
前節・水戸戦は1-1のドローで、勝ち切れなかったものの連敗から脱出。反転攻勢への足掛かりを掴んだ。この勝点1を今後にどう生かすか、まず今節が試金石となる。

(残り 776文字/全文: 1085文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック