【サッカー人気1位】J2第1節大宮アルディージャ戦「優勢に…

松本雷鳥通信

【松本vs山口】反町康治監督記者会見コメント「ゲームの流れ、チャンスの回数から考えると、勝たなければいけない試合だった」

■2018明治安田生命J2リーグ 第33節
9月15日(土)松本 0-0 山口(13:03KICK OFF/松本/9,490人)
————–
○反町康治監督
「雨の中にも関わらず、たくさん足を運んでいたサポーターの皆さんには本当に感謝しております。ゲームの流れ、チャンスの回数から考えると、勝たなければいけない試合だったかなと感じています。
当たり前ですけども決めるべきところで決めなければ厳しい展開になってしまうでしょうね。今日の試合は前節・福岡戦に比べると同じようなフォーメーションの相手で、チャンスメークした回数が圧倒的に多かった。ただゴールネットを揺らせなければ、こうした試合になってしまうということですね。
他はそれほど大きな問題もなかったゲームではなく、全体的にディフェンス組織からプレッシャー、ボールを奪うところ。中盤のボールの動かし方、アタッキングエリアまで行くボールのルートは悪くなかったです。ただ最後のところでしょうね。今日のゲームに関しては、それに尽きると思います」

(残り 1507文字/全文: 1950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック