【サッカー人気5位】【トピックス】『J論J2チャンネル』東…

松本雷鳥通信

【松本vs山口】レビュー:守備は機能も、攻撃は消化不良。フィニッシュの精度に欠いてスコアレスドロー

■2018明治安田生命J2リーグ 第33節
9月15日(土)松本 0-0 山口(13:03KICK OFF/松本/9,490人)
————–
ハイライト(Jリーグ公式チャンネルより)

今節のレポート(Jリーグ.jp)
今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=佐藤健太郎(山口)
3試合ぶりのホームゲームとなった松本だが、好機を生かしきれずに悔しいスコアレスドローに終わった。地の利もあって序盤からリズムを掴んだ松本は、前半から多くの好機を創出。決定的な場面も幾つかあったがフィニッシュの精度に欠いて、ゴールネットを揺らせない。守備面では山口の持ち味を消して無失点に抑え込んだものの、最後まで得点が遠かった。

(残り 970文字/全文: 1280文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック