【サッカー人気1位】なぜJ1で4-3-3が急増しているのか…

松本雷鳥通信

【閑話休題・こと】2018年 編集後記 -本年、最後の御挨拶にかえて-

早いモノで12月30日ということで、この御挨拶をもって2018年の最終更新とさせていただきます。

ありがたいことに今年は松本山雅FCがJ2優勝を果たしたことで、このオフシーズンは他媒体からの依頼を多くいただきました。エル・ゴラッソからは今季総集編の『松本山雅FC 365』と『エルゴライヤーブック』が発売になり、『サッカーマガジン』最新号でもインタビューやレポートを担当しています。また『スポーツナビ』や『Goal.com』といったネット媒体にも寄稿させていただき、ありがたいことですが一時は目の回るような忙しさでした。というわけで、ようやく一息ついた今は風邪を引いています(苦笑)。まあ緊張の糸が切れたオフシーズンには毎年のように体調不良になるものですが。何とか残った細事も済ませたことで、年末年始は少しゆっくり出来そうです。すぐに新シーズン始動を迎えますが、それまで英気を養いたいと考えています。

さて、大晦日を前にしてクラブ界隈から幾つかのニュースが飛び込んできました。嬉しいニュースもあれば悲しいニュースもあるのが常ですが、『松本雷鳥通信』はこれからも信州松本のサッカー情報を追いかけていきます。2019年は1月4日から始動となります。それでは皆様、良いお年を――。

(文/多岐太宿)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック