『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

松本雷鳥通信

【松本vs清水】レビュー:今季サンアル初戦で、多くの選手が躍動。指揮官を良い意味で悩ませることに成功する!

■2019YBCルヴァンカップ第1節
3月6日(水)松本 2-1 清水(19:04KICK OFF/サンアル/8,048人)
得点者:5’町田也真人(松本)56’ヘナトアウグスト(清水)89’高崎寛之(松本)
———–

今節のレポート(Jリーグ.jp)
今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=高崎寛之

リーグ戦と並行して開催されるルヴァンカップのグループステージ第1節、松本山雅FCはサンプロアルウィンにて清水エスパルスと対戦した。キックオフ直後に町田也真人の先制点が飛び出したこともあって主導権を掴んだ松本だったが、後半は攻勢に出る清水の前に押し込まれる場面も。56分にはヘナト・アウグストに同点ゴールを喫したが、1-1で迎えた89分に高崎寛之が決勝点となる勝ち越しゴール。今季サンアル初戦で、大きな第一歩を踏み出した。

(残り 1010文字/全文: 1377文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック