【サッカー人気1位】【J2魔境】ターンオーバーで連勝。後半…

松本雷鳥通信

【清水vs松本】レビュー:『2-0は危険なスコア』を証明も、敵地での勝ち点1でグループステージ突破に可能性

■2019YBCルヴァンカップ第4節
4月24日(水)清水 2-2 松本(19:03KICK OFF/アイスタ/4,523人)
得点者:21’溝渕雄志(松本)23’エドゥアルド(松本)43’滝裕太(清水)45+3’楠神順平(清水)
———–
試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=滝裕太(清水)

折り返しとなったルヴァンカップのグループステージ。次なる舞台へと進出するためにも負けられない松本山雅FCは、清水エスパルスとの対戦のためにIAIスタジアム日本平へと乗り込んだ。事前の予報どおり雨の降るなかでのキックオフとなった一戦は、松本が先手を取った。

(残り 1425文字/全文: 1723文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック