松本雷鳥通信

【松本vsC大阪】試合後の選手コメント:永井龍「C大阪との)力の差は感じました」村山智彦「自分たちの良さを、もう一度見つめ直さないといけない」中美慶哉「前半から臨機応変にプレスの掛け方などをしないといけなかった」

■2019明治安田生命J1リーグ第10節
5月4日(土)松本 0-2 C大阪(14:03KICK OFF/サンアル/18,397人)
得点者:21’ブルーノメンデス(C大阪)83’奥埜博亮(C大阪)
———–
試合後のC大阪選手コメント(Jリーグ.jp)

●永井龍選手(松本):
Q:0-2の敗戦となったが、試合を振り返って?
「(C大阪との)力の差は感じました。チャンスを作れているようで作れていなかったと思いますし、決め切るところで決め切られたなという印象もあります。自分と違って相手のFWは前線でボールをしっかりと収めて、得点を決めて、やるべきことをやったのかなと思います」

(残り 1670文字/全文: 1958文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック