都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

松本雷鳥通信

【松本vsG大阪】試合後の選手コメント:永井龍「最後のところで決め切れなかった、ということに尽きる」溝渕雄志「とにかく最大限の集中をしました」塚川孝輝「ボランチとして何を求められているのかというのを、もっと考えながら成長していきたい」

■2019YBCルヴァンカップ第6節
5月22日(水)松本 0-0 G大阪(19:04KICK OFF/サンアル/7,680人)
———–
G大阪選手コメントト(jリーグ.jp)

●永井龍選手:
Q:スコアレスドローという結果に終わったが、今日の試合を振り返って?
「内容自体には手応えを感じていますが、最後のところで決め切れなかった、ということに尽きるかなと思います。ただシュートまで行けるチャンスもたくさんありましたし、決め切れなかったにしても形は作れていたと思うので、前向きにとらえたいです」

(残り 1999文字/全文: 2247文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック