今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

松本雷鳥通信

【松本vs清水】反町康治監督記者会見コメント「少し点を取った後に守ろうという意識が強くなって、休んでしまったことで集中力を欠いた形になった」

■明治安田生命J1リーグ第14節
6月1日(土)松本 1-1 清水(18:03KICK OFF/サンアル/16,236人)
得点者:67’レアンドロペレイラ(松本)78’ドウグラス(清水)
———-
清水監督コメント(jリーグ.jp)

●反町康治監督
「結論から言うと、引き分けは妥当なのかなという気がしたゲームでした。もちろん勝ち点3を取れれば越したことがないですけど、少し点を取った後に守ろうという意識が強くなって、休んでしまったことで集中力を欠いた形になったのが、ああいう形になったのかなと。
ただ最後までしっかりとプレーできたのは良かったと思いますし、向こうのウィークなところを考えながら、うまく進めることができた試合だったかなと。お互いにPK(での得点)で、決定的な場面が多かったかというと、そうでもないような試合で、しかもシュートがお互いに枠に飛ばないという相変わらずの展開だったんですけども。これから代表ウィークで1週間休みになりますので、しっかり休むところは休んでトリートメントして、リーグの再開に備えたいと思います」

(残り 837文字/全文: 1301文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック