都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

松本雷鳥通信

【横浜FMvs松本】反町康治監督記者会見コメント「何回も言いますが足りない部分はあるにしても、なんとか這い上がっていきたい。そういう『松本魂』を見せていきたい」

■明治安田生命J1リーグ第16節
6月22日(土)横浜FM1-0 松本(18:03KICK OFF/日産ス/27,364人)
得点者:80’エジガルジュニオ(横浜FM)
———-
試合後の横浜FM監督コメント(jリーグ.jp)

●反町康治監督(松本):
「結果としては残念なものになりましたが、この前の2試合がストレスになったというか我々らしさが出せなかったという試合でした。勝点3もしくは1を取れなかったゲームでしたけど、我々らしさは出せたゲームだったと思います。もちろん『何をやっているんだ』と言う方もいるかもしれませんが、我々の現在地から持っている力は出し切ったのかなと思います。結果に対する責任は私が持っていますが、内容に対する部分ではもっともっと向上できるかなと今日の試合を見て感じました。そうした分だけ勝点を持って帰りたかったかな、というのが正直な感想です。
天候も良くない中、アウェイでも最後まで応援していただき、終わってからも鼓舞していただいた多くのサポーターの皆さんには感謝しております。この応援を無駄にしないように頑張っていきたいと思っています」

(残り 1682文字/全文: 2163文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック