【サッカーパック人気4位】 黒﨑隼人「この苦しい状況でどれだけチーム全員で闘っていけるか。それが重…

松本雷鳥通信

【横浜FMvs松本】レビュー:横浜FMにワンチャンスを活かされて敗戦。しかしゲームプランは遂行し、手応えも掴む

■明治安田生命J1リーグ第16節
6月22日(土)横浜FM1-0 松本(18:03KICK OFF/日産ス/27,364人)
得点者:80’エジガルジュニオ(横浜FM)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=エジガル・ジュニオ(横浜FM)

雨中の日産スタジアムで行われた横浜Fマリノスとのアウェーゲーム。この日の松本山雅FCは、前節・仙台戦から若干の修正を断行する。アンカーを配置した3-5-2のフォーメーションを敷き、トップには今季初先発となる山本大貴を用いた。対する横浜FMも出場停止のマルコス・ジュニオールに代わって山田康太を入れて、中盤を逆三角形にした4-3-3(4-1-2-3)で臨んだ。

(残り 1309文字/全文: 1636文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック