コーチ1年目で優勝も今季限りで次のステップへ。田代有三,セカンドキャリアのその先は?(J論)

松本雷鳥通信

【松本vs八戸】反町康治監督(松本)記者会見コメント「我々の元来あるべきオリジナリティーを向こうのチームが持っていて、我々は持っていなかったというか出せなかったというか表現できなかった」

■第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
7月3日(水)松本 2-3 八戸(19:00KICK OFF/サンアル/3,719人)
得点者:24’飯田真輝(松本)89分中村太一(八戸)93’田中隼磨(松本)97’新井山祥智(八戸)119’國分将(八戸)
———–
試合後の八戸監督コメント(jリーグ.jp)

●反町康治監督(松本):
「敗戦を重く受け止めております。松本山雅というチームらしさが、八戸にあったような感じの試合でした。我々の元来あるべきオリジナリティーを向こうのチームが持っていて、我々は持っていなかったというか出せなかったというか表現できなかった。敗戦は重く受け止めていますが、それが悔しくてしょうがないというのが感想です。先ほど選手にも言いましたが、これで言い訳のきかない状況になったわけですから、リーグ戦に専念して目標を達成できるようにやっていきたいと思います。もうカップ戦は全てないですし、公式戦も残り17試合ですか。その中で、やっていくしかないと思っています」

(残り 1206文字/全文: 1649文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック