田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

松本雷鳥通信

【松本vs八戸】試合後の選手コメント:飯田真輝「チーム全員でブーイングを受け止めて、これから声援に変えられるように努力していかないといけない」+田中隼磨、村山智彦

■第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
7月3日(水)松本 2-3 八戸(19:00KICK OFF/サンアル/3,719人)
得点者:24’飯田真輝(松本)89分中村太一(八戸)93’田中隼磨(松本)97’新井山祥智(八戸)119’國分将(八戸)
———–
八戸選手コメント(jリーグ.jp)

●田中隼磨選手:
Q:2-3での敗戦という結果になったが、試合を振り返って?
「要因についてはたくさんあって、何か一つに挙げるというのは難しいです。今季は失点終了間際の失点はあまりなかったんですが、今日は(89分、119分に失点してしまって)自分たちの悪いところが出てしまった。得点場面については狙いも何もなくて、ナス(那須川)が左サイドでうまく崩してくれたので、決めるだけでした」

(残り 2039文字/全文: 2380文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック