『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

松本雷鳥通信

【札幌vs松本】試合後の選手コメント:當間建文「チームが勝ったわけでも逆転ゴールというわけでもないですけど、チームが前に進んでいける一歩となれば越したことはない」+守田達弥、高崎寛之

■明治安田生命J1リーグ第18節
7月7日(日)札幌 1-1 松本(14:03KICK OFF/札幌ド/18,663人)
得点者:7’白井康介(札幌)31’當間建文(松本)
———-
●當間建文選手:
Q:31分、セットプレーの流れから同点ゴールを決めたが?
「メロ(今井 智基)がゴール前で粘ってくれていて、ちょうど自分のところにボールがこぼれてきたので押し込んだだけでした。最後は滑らないと相手の足が出てくるとは思いましたが、シュートは感覚で打ちました。チームが勝ったわけでも逆転ゴールというわけでもないですけど、チームが前に進んでいける一歩となれば越したことはないです」

(残り 1576文字/全文: 1860文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック