監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

松本雷鳥通信

【松本vs広島】試合後の選手コメント:パウリーニョ「自分の長所であるミドルシュートを決めることが出来てよかった」前田大然「みんなで掴んだ勝点1」阪野豊史「とにかくチームに求められることをやるのが自分のスタイル」

■明治安田生命J1リーグ第19節
7月20日(土)松本 2-2 広島(18:03KICK OFF/サンアル/14,907人)
得点者:51’柏 好文(広島)70’前田大然(松本)85’パトリック(広島)90+5’パウリーニョ(松本)
———-
試合後の広島選手コメント(jリーグ.jp)

●パウリーニョ選手:
Q:久しぶりに先発出場した試合で、同点ゴールを決める活躍を見せたが?
「サッカー選手である以上、試合に出ているときもあれば出ていないときもある。その中で出ていないときに何が出来るかが非常に重要で、自分は今までと変わることなく一生懸命トレーニングしてきました。その姿勢が監督に伝わったのかなと思います。同点ゴールの場面については、今季なかなかゴールチャンスのない中で、太郎も冷静に自分に落としてくれました。自分の長所であるミドルシュートを決めることが出来てよかったです」

(残り 1482文字/全文: 1867文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック