【サッカーパック人気3位】 ここでもう一度、フラットな位置からやり直し。【9/18 練習レポート】…

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・トップ】TRM慶応義塾体育会ソッカー部戦「熱のこもるピッチで見えた、選手たちの意地」

2本目から出場し、攻撃に躍動感をもたらした高崎寛之

松本山雅FCは29日、松本市かりがねサッカー場にて慶応義塾体育会ソッカー部とのトレーニングマッチ(45分×2本)を行った。今週末は公式戦の行われない松本は、この前日にもFC東京とのトレーニングマッチを実施している。実戦をとおして、負傷明けの選手たちのコンディションを確認し、既存戦力と新加入選手との連係面を向上させるという意図は明確だ。もちろん新戦力や復帰選手たちだけで戦えるわけではなく、既存選手たちの意地にも期待が寄せられる。

(残り 1604文字/全文: 1912文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック