都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

松本雷鳥通信

【2019新加入選手一問一答】水本裕貴「監督のために、そして松本山雅を応援してくれる全ての方のために」

1985年9月12日生まれ、三重県出身。高校卒業後に加入した市原(現:千葉)で、イビチャ・オシム監督の薫陶を受けて大きく成長。2008年には北京五輪に出場し、反町康治監督のもとでキャプテンも任された。2011年に移籍した広島では長らく主力として活躍し、チームのJ1優勝にも貢献。自身もJリーグベストイレブンやA代表にも選出されてきたが、今季は開幕から雌伏の時を過ごす。今夏、松本からのオファーを受けて期限付きでの移籍を決断した。

(残り 1477文字/全文: 1691文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック