【サッカーパック人気1位】 「長谷部茂利監督が指摘するJ1昇格への懸念材料。『今のままの集客ならば…

松本雷鳥通信

【直前寸評】短い中でも最善の準備を施し、金曜日のナイトゲームへ!

準備期間も短いため、まずはコンディションを整えて埼玉スタジアムに乗り込む

前節・名古屋戦はキックオフ直後から主導権を掌握することに成功し、前線3枚のアグレッシブな動きから多くの好機を創出。試合終盤には永井龍のゴールで均衡を破ったものの、後半アディショナルタイムの失点により、リードを守り切れずにドローに終わった。試合内容そのものは相手のスタイルを分析した上で、自分たちの持てる力を存分に発揮した。まさしく「相手の良さを消して、自分たちの良さを出した」だけに悔しさも募る。

(残り 816文字/全文: 1118文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック