【サッカーパック人気1位】 クラブ名を変えようとするオーナーは敵か味方か Jリーグがビジネス至上主…

松本雷鳥通信

【直前寸評】リーグ戦も残り10試合。浦和戦の勝利で意気上がるチームには、新たな選手の姿も

チーム練習に参加中の外国籍選手。無所属のため、まだ選手登録は可能だ

前節・浦和戦で価値ある勝利を飾った松本山雅FC。ACLを戦うビッグクラブの浦和に、アウェイで今季初の逆転勝ち。16位の鳥栖が神戸に敗れたこともあって、自動降格圏からの脱出までの勝点差は『1』となった。さらに中位戦線は9位・名古屋から15位・仙台までの勝点差は『3』という混戦模様だ。今の時点で皮算用は控えたいが、直接対決を残しているチームも多いだけに、まだまだ順位を上げることも可能ということだ。そのためにも今節・大分戦は重要な一戦となる。

(残り 1111文字/全文: 1433文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック