【サッカー人気2位】「西村卓朗GMに聞きました。リーグ再開…

松本雷鳥通信

【松本vsFC東京】レビュー:今季最高の雰囲気の中で、首位から価値ある“勝ち点1”。これをポジティブな材料に

■明治安田生命J1リーグ第27節
9月29日(日)松本 0-0 FC東京(14:05KICK OFF/サンアル/19,271人)
———-
試合ハイライト(youtube)

今節のレポート(Jリーグ.jp)
今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=守田達弥

前回対戦(第9節/0●2)ではスコア以上の差を痛感させられた暫定2位・FC東京への『雪辱戦』に挑んだ松本山雅FC。前節・神戸戦からメンバー、フォーメーションともに大きく変更すると、序盤から速攻が機能し、チャンスを作り出す。気になる守備面も、ディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑の高速2トップの持ち味を出させないために中央を固めつつ、両WBがサイドからの決定機を作らせない。
0-0で迎えた後半も同様の展開が続き、63分のピンチも守田達弥が好セーブで阻止するなど我慢の展開が続く。72分のビッグチャンスを決められず、最後までゴールが遠かったものの、過去3戦3敗のFC東京から勝ち点1を奪取した。

(残り 1213文字/全文: 1640文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック