【サッカー人気4位】リスクとチャレンジのバランスが良化。ホ…

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・トップ】「この結果には満足していない」。強豪との一戦で、頼もしき決意表明

第27節・FC東京戦で今季初先発を果たした町田也真人

松本山雅FCにとって、第27節・FC東京戦は価値あるドローとなった。不完全燃焼のまま0-2で敗れた前回対戦(第9節)の悔しさを晴らそうと各選手が奮起したからこそ、これまで3戦3敗のFC東京から勝ち点1を奪取できたといえる。
試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、その場に座り込んだのは今季初先発となった町田也真人だ。まさしく心身とも磨り減る一戦だったことを象徴する姿だった。

(残り 901文字/全文: 1179文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック